2012年11月13日

MMD東北勉強会詳細発表の寸感

というわけでMMD勉強会東北、詳細発表とATND受付の開設が始まりました。

今回発表者と申し合わせて、コンセプトにも据えているのは「初心者向け」というところになります。
アンケートの結果などを踏まえたところ、募集ターゲット層「モデルや背景、モーションを設定し、とりあえずダンスをさせてみたことがある」らへんが一番大きな人口なのかなっということ。
あと、最近MMD勉強会も回を重ねてきて、次第にエフェクトやモデル製作などの中級?らへんの発表へ移行しつつあるということで、
他会場より『一歩後ろを進む』というところにこだわってみました。

僭越ながら(発表者探しきれなかった罰状態)ワタクシよりカメラワークの発表をさせていただきたいと思います。
というのも、「カメラはまぁそれぞれのセンスですし、難しいからやってみるしかないです」という意見を散見しているのが気になったもので。
カメラワークに関してはMMDのCGだけでなく、ドキュメンタリや映画など色々研究がなされている分野だと思います。本屋でも「カメラワークの本」なんて探せば1コーナーあります。
ってことは、「基本ルールさえ知ってれば間違うことがない」センスではなく技術の分野だと思うんですね。

ホントはカメラの先生みたいのが呼べたら最高だったのですが、そこは予算もありましたので・・・。
「カメラワークとカット割」だけに絞るのであれば、仕事でPVは作ってるので私でも何かヒントを提供できるかなと思った次第です。


以下、発表者の紹介です。

まず工藤P。高田先生のご縁でお知り合いになる機会がありまして。アンケートをとった際にまずはじめに思い浮かんだのが工藤Pへの依頼でした。普段よりブログや生放送など活発にMMDの導入を紹介しております。また、独特の表情付けはなかなか出来ないモノで、私もクリーミィマミモデルの同じの持ってるんだけどなぁ・・・・なんで工藤Pのマミちゃん表情違うんだ・・・・ぐぬぬ・・・・という思いから、表情の作り方なんかは私からのリクエストでもあります。

次に眠り豆さん、ニコ動への動画UPは無いのですがAviutilでのエフェクト、文字入れ、コモンズ引用などの紹介をお願いしております。MMD一発出力じゃ絶対出せない魅力というものが見つけられると思います。

最後は東北勉強会の目玉(?)ラジP。関節を想像することや、想像したところで所詮CGモデル、人間とは違う「嘘」な部分があるわけで。そのバランスのとり方をモーション作成において考えて行きましょうという一歩前。ポーズをつける際の考え方を発表していただけるそうです。MMD勉強会初の実技時間アリ。このため伸びてもいいようにトリを勤めていただくことになりました。


ものすごい個人的な目標といえば布陣的に「オリジナル作品」が作れるような人がバンバン増えたらいいなーっていう感じです。モーションでもモデルでもストーリーでも。個人的にはオリジナルなストーリーものみたいなのが好きなので、このさきMMD杯でうおおおお!っていう作品に出会ったときに実は勉強会いました〜みたいな(*´ω`*)

あとは、勉強会のスタイルではなく小規模なオフなんかが東北圏内で活発に起こる起爆剤になったとしたら成功かな・・・。

ということで1月12日お会いしましょう。



第一回東北MMD勉強会ATND
http://atnd.org/event/mmdtectouhoku
posted by まゆたま at 00:10| Comment(0) | MMD勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

MMD東北勉強会 日時決定しましたの寸感

とりあえず会場を押さえました。

フレッツ光(生放送用)が入ってて、
キャパシティが40人以上
お値段がそんなに高くなく、
仙台駅から徒歩10分くらい

ありました。しかも電話越しのおねぇさんも親切。さすが仙台。

イタズラ対策としてまだ場所は公表できませんが、


#現時点での決定事項

■第一回MMD東北勉強会
2013年1月12日 (土曜日) 13:30〜 
発表者:3名内定

定員40名(最小催行人数30人)

会費:1500円(高校生以下 学割設定あり〔1000円予定〕)
 ※ 学生割引をご希望の方はATNDで宣言の上、当日は制服着用か学生証掲示をお願いします

生放送:ニコニコ生放送を予定(USTは検討中)
募集開始:ATNDにて11月中旬に行います


参加人数の数によっては発表者オファーが増えるかもしれません・・
現在でもプレゼンを聞いて損はない方々に快諾をしていただいたと思っております。こちらも先方の都合の確定が3ヶ月先となるとまだ怪しいので、ATND募集が近づくまで伏せさせていただきたいと思います。

あとは一応、運営費がかかっているので30名を最小催行人数としました。これ以下だと採算割れを起こすので、
規模を縮小するか、二次会だけ(つまりオフ会)にしてしまうなどになります。
また学割を設定するに当たって制服などのドレスコードを用意しますが、数年前は高校生だった紳士淑女が制服を着てきても学割は適用されませんのでご注意。

個人的な手ごたえとして30人は超えると思うんだけど・・・お願いしますよー・・・

運営チームとしまして、
私と眠り豆さん、柚子さんで動いております。
初めてのことでまだまだ手探りなことが多いです、お手伝いしてくれる方を募っております。
具体的には生放送関係と、当日の受付などの軽作業などですが、
ノシってくれるだけでも「参加者いたー!」と安心するので、ツイッターの@soundcocoonか眠り豆さん@beans_sleeping
に声を掛けてくださいまし。
posted by まゆたま at 22:54| Comment(0) | MMD勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

MMD勉強会アンケート集計

先日東北勉強会においてどんな内容がいいかアンケートをとっていたのですが、大体こんな感じになりました。

■アンケート結果

1.主に何を知りたいですか?(複数解あり)

モデリング 2
モーション 1
演出カメラ 5
ぜ ん ぶ 5
他)MME   1

2.有料にして講師招待することに
OK 11
NO  0

以上のようになっています。
北海道や埼玉から参戦希望というアツい方もいらっしゃいまして、なんとかうまく調整せねばとがさごそしているつもりです。

アンケートを伺う限り、(実際はどのくらいかはさておき)初級講座的なご要望がほとんどなので基礎的な内容がいいのかもしれません。(第一回関東勉強会に近いイメージなのかな)
モーションが少ないのは意外。

招待案に関しては100%の方がOKとのことですので、面白いプレゼンをいただけそうな方を広く募集することができそうです。
関東勉強会は会場の融通が利いたのか参加費の記載はなく、また九州勉強会では諸経費として2000円を徴収しているようです。従って1000〜2000円の間で調整(学生割引を設定するとか?)することになりそうです。


■会場の選定中

仙台をなめておりました。。適度な会場は半年先までトッポのように中までタップリ埋まっておりまして、11月の3連休を逃すと年明けになるのは確定のようです。

ニコ生、Ustによる配信に関してですが一度その筋(会場内有線LAN)は諦めて会場選定しています。モバイルルータなどをもってきてくれるボランティアを募集することになるかと思います。(他の会場どうしてんだ・・・聞いてきます)


とりあえず中間報告はこんな感じです。

ご当地ならではの講師役を探したいところ。
posted by まゆたま at 10:51| Comment(4) | MMD勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする