2014年04月29日

さよならワゴンR

DSC.jpg

5月1日、ソリオバンディットの納車が決まったということで、ワゴンRさんとの最後のドライブに行ってきました。
中古でうちにやってきて約5年間、いろいろなところに一緒に行きました。高速道ETC割引や休日1000円なんかがあって、新幹線なんかよりはるかに安く、スケジュールもたてずに眠くなったら座席をフラットにして寝る。起きたら走る。みたいな感じで、いかにも旅をしていたなーと思います。

DSC_0041.JPG
DSCF0312.JPG

MMD杯で審査員賞を取った日も、ボーマスに参加すべく車中泊で那須塩原にいた時でした。以後東京のイベントには都内まで車で行って、そこから電車移動するスタイルになりました。

DSC_0431.JPG

東北は前乗ってたサンバーで行き尽くした感はあったけど、日本海側はまだまだ未開の地。これは象潟。

DSCF0341.JPG
DSCF0355.JPG

そして自分の人生で最も遠くに行ったのが広島。合計2100kmの旅。本場のお好み焼きは本当に美味かった。

DSCF0364.JPG
DSCF0366.JPG

食べ物ばっかりだけど、京都・奈良にも。

DSCF0324.JPG

その行程では琵琶湖を通るわけですが、ここにはチームのメンバーがいて、帰りにちらっと寄ったり。

DSCF0382.JPG

開通したての新東名のSAの夜景。恐らく沼津あたりだと思うけど、深夜割引を狙うためにここで11時くらいまで時間を調整したり。

DSC_0488.JPG

豪雪や、震災など色々な災害もあったのう。ガソリンが売り切れたりして家に帰れなくなったりしたんですよあの時は。

DSC_44.jpg

ここまでの旅路、約11100km(うち前オーナー分は3万キロ)頑張ってくれた分、無茶をさせていたようで、エンジンに穴らしきものができたり、足回りにクラックができてしまったようで、次回の車検時には40万近くかかるだろうということになってしまい、今回の判断に至るわけですが。

なんだかとっても寂しいです。前の車もそうだったけど、いつまでも憶えてるとおもうなぁ。

tyo087.JPG
(先代のサンバー。今はもう生産終了してます)
posted by まゆたま at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

まゆたま盛岡探索デー

DSC_0003.jpg

SONYのRX-100 にしました。
一眼レフ持ってたんだけど、もって歩くのもデカイし、誰かと一緒に歩いててひょっこり出せるような雰囲気でもないしで、全然出動してなかったもんで、結局フジの5000円のクソカメラを持って歩いてたんですが、
コンパクトで背景がボケるくらいのいいカメラないかなーって探して、1インチCMOSのやつを店でふと触ってみたら一目惚れでした。機材に一目ぼれしたの何年ぶりだろう。ちなみに自宅サーバーは昨日震災以来3年ぶりに電源が落ちました。(コンセントに足をひっかけた)

このカメラ、ほとんど自動であらゆるものを撮ってきてくれるんですが、いざという時はフルマニュアル化も可能で、オートマはだめだとかスポーツカーをいじってるオッサンの気持ちが少し分かる気がします。「ここぼかして、ここ明るくして」みたいなのを小さなダイヤルでちまちま作っていくのがまた楽しい。

しかし、その分もちろん難しい。
ということで盛岡市内を歩きながら撮影の練習に出かけました。
盛岡八幡宮-盛岡城跡-桜山神社-中津川-映画館通りをランダムに。
(リサイズで画質が落ちてるミス)

DSC00037.jpg

DSC00039.jpg

DSC00038.jpg

DSC00036.jpg

DSC00034.jpg

DSC00033.jpg

DSC00040.jpg

DSC00042.jpg

DSC00050.jpg

DSC00049.jpg

DSC00048.jpg

DSC00053.jpg

DSC00043.jpg

DSC00028.jpg

DSC00052.jpg

DSC00029.jpg

DSC00030.jpg

DSC00044.jpg

DSC00046.jpg

DSC00027.jpg

DSC00024.jpg

DSC00017.jpg

DSC00019.jpg

DSC00016.jpg

DSC00026.jpg

DSC00020.jpg
posted by まゆたま at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

クリィミーマミさんの



マミコンなるものが行われていたのですが、高田明美先生による高田明美賞を頂いておりました。あわわわわ。
コンテストの賑やかしになればいいなくらいのノリで参加したので逆に申し訳ない気持ちいっぱい。

一応、前作「シンデレラに憧れて」のラストにミクが立っていたステージと同じ物を使用し(ライトは技術的に改良できました)、同じ世界で行われたストーリーのひとつ。っていう雰囲気を目指した物です。「マミさんが葛藤しながらも踊ってたステージにミクが数年後立ったよ」みたいな。作品を跨ぐスピンオフ大好きッス。オッスオッス。

曲は2分しかない(言い訳)し、作業時間も1ヶ月を切って(言い訳)たので、本作中を初見する限りだとマミさんが何に対してイライラしてたのか伝わんねぇなぁこれとなりまして、タイトルに理由をを書く暴挙テクニックを使い何とか事なきを得ました。得てない気がします。

サイリウムのなかに俊夫とミドリちゃんがいるってことでここはひとつ。
posted by まゆたま at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする