2011年03月15日

八戸での被災状況

3月11日の東北地方太平洋沖地震がありました。
災害発生地域の皆様におかれましては心よりお見舞い申し上げます。
当方も八戸市にて被災しましたが、幸い家族・家共に無事であることを報告いたします。

個人的な主観ではありますが、八戸は丘側と津波が来た海側でだいぶ被害に差があるように感じます。工業地、漁港などのダメージは深刻と思います。
また、TVで連日報道されている岩手県三陸エリアは連絡のつく方によると『地獄だ』との言葉があるばかりでした。

レギュラーの仕事が無くなってしまったので、せめて状況を伝えようかと近所を撮影してきました。



DSCF0146.jpg
コンテナが産業道路まで流されている

DSCF0154.jpg
ふ頭のアスファルトも地震と津波でえぐれたのか大きく陥没している

DSCF0160.jpg
流されたのか、ありえないところに車がひっかかっている

DSCF0164.jpg
押し流され建物の隅に押しやられた車

DSCF0172.jpg
生活道路と踏み切りであるところ

DSCF0199.jpg
大量の船が打ち上げられている、いずれも小型ではない。

DSCF0199.jpg
電柱が折れている

DSCF0176.jpg
ドックでは沈没している船も

DSCF0183.jpg
橋のたもと、水がわだかまる場所に物や車が折り重なる
posted by まゆたま at 22:01| Comment(1) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする